スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

鬼怒川温泉旅行記 其の弐

こんにちは、早速2日目です。
素泊まりのため朝食は駅近くのお店でサンドウィッチを頂きました。

P1010492.jpg

写真のビールは、昨晩宿にて飲んだ鬼怒川の地ビールで、美味しいんですよこれが。
缶ビールよりも地ビールがいいですねえ、やっぱり。
唯一の欠点は、何を隠そうお値段ですがww
一本700円はなあ…そんなに飲めないよなあ…(涙)

日光江戸村なんかにお邪魔しようかと思いましたが、入場料4,500円に絶望して急遽中止に。
楯岩大吊橋を散策して、あとは東武日光に進路変更です。
此処の吊橋もまた、ぱっと見は超頑丈そうです。但し揺れます。
若干曇っていたのですが、これは絶景でしたよ!

P1010499.jpg

吊橋を渡って対岸を上っていくと、ちょっとした登山気分です。
舗装されたやや急な坂道をひた歩き、削り出しの隧道を抜けて展望台に出ます。

P1010524.jpg

縁結びの鐘とやらがありましたよ。私には距離近くとも縁遠い鐘でした。

東武日光についた後は、(バス代ケチって)東照宮まで歩きます。
途中、地方恒例ヤマザキショップで餃子ポテチを購入し、いざ参道へ。

P1010536.jpg

日本の道、という風格ですね。
現代は車両通行を前提にあらゆる道がアスファルト舗装されていますので、
昔から残る『道』というのは貴重なものです。改めて実感せざるを得ないです。
こんな道を、自転車で疾走したら気持ちがいいだろうなぁ(殴
参道にそって日光社寺を巡り、東照宮に入ろうとして…
拝観料1,300円!? ((((;゜Д゜)))
高ッ! めっちゃ高ッ!! なにこのぼったくり価格!
貧乏旅行にあるまじきお値段です。学生には本当に厳しい…
泣く泣く拝観キャンセル、下りの参道へ。

P1010580.jpg

『金ない・モテない・彼女ない』の“さんない食堂”でした。
社寺めぐり(偽)から東武日光駅への帰り道、絵になる風景があったのでつい一枚。

P1010583.jpg

歴史を感じさせる風格、といった旅館です。
もう300mくらい歩くと、この宿に通じる坂道が見えます。
結局、観光資源になるものは、目新しい箱モノではなく歴史と風土なんですよね。
自分の街にはこういうものはないからなあ…やや寂しいですが。

次東武日光に来るときには、もうちょっと予算が要りますね。
特に拝観料は高いですよ。3日2万弱はちょっと辛いものが…

因みにいろは坂や華厳の滝は、東武日光駅から日光社寺の参道入り口前のT字路へ出て、
左折してさらに数kmで着くようです。今回は行きませんでしたが。
晴れ時に、輪行して自転車で来てみたいなあ。

2日目の宿は、一泊6,500円という超高級な宿です。
奮発して、なんと朝食付き! 温泉も格別でした。
流石に2日素泊まりは悲しくない?ということで(;^ω^)
残すところあと1日、なんか名残惜しいなぁ。
スポンサーサイト
Date: 2012.03.19 Category: 旅行  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
お友達のところ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。